初心者から始めるバイナリーオプション

初心者から始めるバイナリーオプション

GMOクリック証券の外為オプションで少額のトレーディング

トレーディングというと多額な資金の必要なものもあります。たとえば株式の短期売買を行いたいと思った場合に、数万円でできないわけではありませんが、実用的な金額を稼ごうと思ったのであれば、やはり100万円単位の資金は必要でしょう。割と大きな資金が必要になるのがトレーディングなのですが、GMOクリック証券の外為オプションでは少額で取引できるという特徴があります。

 

GMOクリック証券の外為オプションでは、売買単位が1,000円未満です。1,000円未満の資金があれば取引ができます。もちろんですが単位が1,000円であるというだけで、大きな資金を投じたければたくさん買えば良いだけです。売買単位が小さいですから、損失を発生させたとしても少額です。相場状況に応じて購入価格が変動しますが、すべて1,000円未満で取引が可能ですから、取引しやすい傾向があります。

 

GMOクリック証券の外為オプションでは、損失を限定できるというのもメリットの一つです。たとえば購入価格が600円であった場合、600円を支払えば取引できます。そして、もしも予想が外れた場合には支払った600円を失いますが、それに使いして損失が発生することはありません。FXなら相場の状況によって証拠金が差し引かれると言ったこともありますし、証拠金が不足すれば追証を求められることもありますが、GMOクリック証券の外為オプションではこの必要がありません。

 

600円のオプションを買いたいのなら、600円さえあれば良いのです。将来の損失を想定した証拠金は必要ありませんから、少額でトレーディングしたい人にとって非常に魅力的なものだと言えるでしょう。ただ、短期売買をするよりも満期まで保有するべき商品だと言うことは頭に入れておいた方が良いです。というのも、スプレッドが非常に高いですから、途中売却や短期的な売買による取引コストは高くなりがちで、これが利益を圧迫することもあります。GMOクリック証券以外のバイナリーオプション 日本はコチラのサイトがオススメです。

 

 

バイナリーオプションは初心者におすすめ

 

スマートフォンやタブレット端末の普及によっていつでもどこでもインターネットに接続ができるようになったことに伴い、インターネットに接続して利用できる便利なサービスが近年では急速に拡大していますし、スマートフォンやタブレット用のアプリも続々と開発が進んでいます。
数年前からインターネットを利用して資産管理や資産形成を行なうネット銀行システムや有価証券売買、FX等は存在していましたが最近では専用アプリも相次いで開発が進みますます利便性が増してきています。

 

最近では預金金利が低水準で推移していることもあり、預金から投資へと資産運用の方法がシフトしてきているわけですが、スマートフォンやタブレットを使うことで誰もが気軽に投資を行なうことができるのです。
投資経験のない人が初めて投資を行なう場合最も気を使うのがリスクについてです。
有価証券売買やFX取引などは高度で専門的な知識が必要とみなされることが多いため、よくわからないまま投資を行い失敗するのが怖いと考える人は大勢いるのです。

 

投資経験がない人でも比較的簡単かつ必要以上のリスクを背負わずに行える投資方法としておすすめとなるのがバイナリーオプションと呼ばれる投資方法となります。
バイナリーオプションとは将来のある時点において貨幣の値段が上がるか下がるかを予想する投資方法であり、単純に2者択一式の投資となるので高度な知識を必要としないのです。
リスクとリターンについても自分が投資を行った金額についてのみ責任を負う事となるので、バイナリーオプションに失敗したからといって破産するということは殆ど考えられないのです。

 

ネットで口座開設ができる証券会社の多くがバイナリーオプションに対応しており、会社によっては専用のアプリで買い時を通知してくれたり簡単に取引ができるような仕組みを導入しています。
移動中や会社の昼休みなどちょっとした時間に気軽に投資ができるという強みもバイナリーオプションの大きなメリットの一つと言えるでしょう。

 

 

ベテランの方々は一度は経験しているFXの大損失

 

FXの業界には、ベテランの方々がいらっしゃいます。FXの比較サイトなどを見てみると、たまに著名な方が情報に関する執筆をしている事があるでしょう。アナリストの方々もいらっしゃいますし、ベテランのトレーダーの方々は執筆している事もありますね。
ところであの方々には、1つ共通点があるのです。一度くらいは、必ずと言って良いほど損失が発生している点ですね。
例えばある年配のアナリストの方なのですが、過去に非常に大きな損失が発生していたようです。聞いた話では、億単位だったようですね。
そうかと思えば別のトレーダーの方も、過去に数千万円ほどの損失が発生しています。ちなみにその方の場合は、過去の金融ショックで大きな損になってしまっていたようですね。
ところで上記の2名の方は、結局それを乗り越えています。前者の年配のアナリストの方は、現在ではかなり資産も増やして活躍しているようです。主にデイトレでの売買を行って、1日にかなり多くの利益が発生している事もあるのです。また後者のトレーダーの方も、現在では過去の損失分をほとんど巻き返す事ができていたようですね。
このようにFXの業界では、1回や2回は大きな損失を経験している方が多く見られます。つまりこの金融商品では、損失は避けて通れない一面もあるのでしょう。
そして上記のようなトレーダーの方々は、ほぼ例外なく猛勉強をしています。ですのでこの金融商品では、損失が発生した後でも「前向きに頑張ろう」という気持ちが生じるかどうかが大切なのかもしれませんね。

ユーロ円、138.39円、長期ホルダーにはもどかしい展開といえそうです。デイトレをする分にはまずまずの値動きですが、138.40円から138.69円、138.87円、138.79円へ複数回戻したあと138.39円までショート、この相場の動きを当てるのは難しいです。おそらくここで参加していたら、負けていたと思います。さらに138.15円までショート、一気に動いているようです。

 

どうなるかぜんぜん予想がつかないわけではないものの、頻繁にデイトレしていると、負けています。仮に138.40円でショートを入れたとして、138.69円にもなっていれば、損切りしていたはずで、その後もまた138.87円で損切り、負けたあと、ショートで138.15円だから、差し引き利益が薄くなります。さらにここからショートか、ロングか、わかりにくい状態です。一応、デイトレならここで利確するのを検討すると思います。

 

さて、次、どこでポジションを取るか。そのようにしてデイトレを繰り返していると、そのつど考えがコロコロ変わって、取引数がかさんでしまいます。あらかじめ、ショートになるという自信があれば、何度も取引しなくても済むはずです。そうしているうちにも、137.94円、ユーロ安が加速。137円台に突入、これはまだまだ加速するとみてよいかも、です。

 

ここから新たに参戦してショートポジションをとるのは気が引けますが、まだまだ売られる感じがします。131.81円、これは大崩れがやってきました。やはり運が悪いのか、FXを引退してから、こういうのがきます。もしもまだFXを継続していたなら、ここのところは勝っていると思います。

 

もう少し粘っていれば、136円台になるものと思えます。でも、ここから参戦するのは勇気がいります。でも、思いきって参戦しなければならないような場面です。ドドドッときているだけに、久しぶりの大儲けになる場面です。と言いつつも、いったん戻す可能性もあることから、そこはブレーキがかかります。この短時間の間に、約1円ユーロ安、建玉数しだいでは利益がかなり発生していることが予想されます。

続きを読む≫ 2015/07/03 11:13:03

トレードで勝つために必要な能力ってなんだろう。判断力、決断力、忍耐力、集中力。資金管理力。マーケットに入ってくる情報を活用する力。まだ、たくさんありそうです。相場に向き合えば向き合うほど、一つの能力を磨くだけではだめなんだと思います。判断力が欠けていたらどうだろうか?めちゃくちゃな場所でエントリーしてしまい、損切りになります。決断力が欠けていたらどうだろうか?いいエントリーポイントだと思っても、ポジションを持てずに終わってしまうかもしれません。後々、悔やんでいい思いはしないでしょう。もし、エントリーしていたら勝てたかもしれないなんて思うくらいなら、勇気を出してポジションを持てばいいのです。また、ポジションを持ったはいいけど、損切りに対しての決断が出来ない。怖くて、損切りを設定できずにずるずると引き伸ばしてしまい、やっと損切りしたときには多くの資金を失っていた。こんなことも起こるかもしれません。私は、決断力がないことは、非常に損だと思います。忍耐力がなければ、1回の損切りで嫌になって諦めてしまうかもしれません。手法の検証をやっていても、うまく行かなければすぐにやめてしまいます。もう少し続けたらわかることがあるかもしれないのに、やめたことで何も身につきません。集中力がなければ、相場の流れが頭に入らないと思います。めちゃくちゃな場所でエントリーしてしまい、損切りになるかもしれません。資金管理力がなかったら、どうなるとおもいますか?資金の減るスピードが早くなり、最終的には退場です。このように、どれ一つかけても上手く行くことはないと思っています。普段の生活の中で、このような力を身につける必要があります。資金管理力は、残念ながら相場でしか身につきません。本番の取り引きをやる前に、デモトレードで何回も練習しましょう。集中力、決断力、忍耐力、判断力は普段からでも可能です。決断力を高めるためには、例えばスーパーに行ったとき、出来るだけ素早く欲しいものを選びます。迷っても、決断する訓練をするのです。

続きを読む≫ 2015/07/03 11:12:03

FXの目的は、もちろん利益の獲得です。損失は発生したくないと思うのが、やはり自然でしょう。
ところでその金融商品で利益になるか否かは、丁寧さに左右される一面があります。というのもその商品での売買は、やや緻密な一面があるのですね。
私の経験則から申し上げれば、経営に売買を行っていた時には利益になる事が多かったです。独自の方法などでかなり時間をかけて準備をすると、利益率は高まる傾向がありましたね。特に「準備」が大切だった記憶があります。
その逆に、思いつきで売買を行うとむしろ損失になってしまう事が多かったです。チャートで値動きを見てみると、心がウズウズしてしまう事があるのですね。売買を行っていないと気持ちが落ち着かない事があるのですが、それで早まって新規の注文をしてしまう事もありました。そしてそのような時に限って、たいてい損失になります。雑な方法で売買を行っている訳ですから、損失になる確率が高まるのも当然ですね。
それは何も私に限らず、他の方々も同じような経験をしているようです。入念に準備をしている方の方が、最終的には利益になっている事が多いようですね。
思えばサラリーマンの方々なども、「丁寧な仕事をするように」と言われる事があるでしょう。雑な仕事をしてしまうと、怒られてしまう事がありますね。
FXにも、それと似たような一面があるのです。リスクなどをしっかりと考えた上で、入念に準備をして売買を行う方が利益率も高まるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:15:02

FXでの売買を行う為の便利なツールの1つに、MT4があります。最近では多くの金融会社がそれをホームページでアピールしていますので、聞き覚えがある方も多いでしょう。
MT4は、機能が非常に充実しているのが特徴的です。金融会社が提供している独自のチャートなどに比べても、とても多くのツールが完備されている事が多いですね。ですのでツール重視で売買を行いたい方にとっては、MT4はオススメです。
ではそのツールを利用する為にはどうすれば良いかと申しますと、どこかの金融会社で口座を作る必要があります。そして口座にも2種類ありますね。本番の取引の為の口座と、デモです。その2種類の口座にはどのような違いがあるかというと、期間が異なってきます。
そもそも後者のデモのバージョンの場合は、期間が限定されている事が多いのです。私は以前にある業者のデモ口座でMT4をダウンロードしてみた事がありました。その会社の場合は、それを利用できる期間は1ヶ月と決まっていたのです。
ちなみにその使用期間も、業者によって異なります。もう少し長い期間でそれを使うことができる業者もあります。ただ基本的には、ある程度短い期間で使うことになると考えて良いでしょう。
つまりデモバージョンの場合は、MT4を使う期間が限られてしまう訳ですね。もしも長期間利用したいと思うのであれば、どこかのFXの会社でMT4に対応している本番の口座を作る必要があります。もちろんその際の手数料などは、無料になります。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:15:02
ホーム RSS購読 サイトマップ