豪ドル円の5分足、1時間足、日足で状態の確認を行う

豪ドル円の5分足、1時間足、日足で状態の確認を行う

豪ドル円の5分足、1時間足、日足で状態の確認を行う

豪ドル円の5分足、1時間足、日足で状態の確認を行う

 

7月21日。現在夜の7時30分。欧州時間が始まったとき、外出していてどんな相場だったか全く把握していません。現在のクロス円の雰囲気は、ポンド円以外は前日比プラス圏です。前日に引き続き、本日も豪ドル円は底堅いです。91.82まで高値を更新した足跡があり、絶対に下がらないぞぉ~!と踏ん張っている姿がうかがえます。今は、前日のニューヨーク時間と近い91.68にいます。本日までの安値は、91.35。この安値はいつ更新したのかと思い5分足を見ていくと、15時30分。さらに発見があって、91.35に近い位置で3回程価格が止められています。

 

トレード判断の基準として、何度も止められた価格は、意識されやすい傾向にあります。近づいてきたら止まることを期待して、損切り浅めの試し買いをしてみるのがおすすめです。リスク管理をしっかりすれば、確率にかけてみるのもいいです。ブレイクされたら損切りなんだけど、91.35付近で買えば損切りを浅く出来るので大損にはなりません。1時間足のほうもチェック。前日の15時から、91.35から91.80までの間を動いているレンジだということがわかりました。上髭と下髭が長く、上髭は91.80辺りに集中していて、下髭は91.35辺りに集中しています。

 

この付近に来るまで待つやり方が一番。日足で見ると91円から92円前半までのレンジになっています。トレンドは出ていないので、長期保有には向きません。トレンドが日足で出ているのはニュージーランドドル円で、綺麗な下降トレンドになっています。今は戻りを作っている最中で、売るとしたら83円を越えてきたら一応損切りという判断が正しいです。前日の東京時間にキーNZ首相が、NZドルは予想よりも早く下落した。低い政策金利は経済を支援するだろう。このように発言したことで、買戻しが見られて1日でおよそ1円近く上昇しました。キーNZ首相の正式名称は、ジョン・キーです。調べてみたら顔写真付きであって、この人が発言したんだってわかりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ